セールススキル検定は貴方の「営業力」を測定する試験です

「営業力」とは一体どんな能力なのでしょうか。ある人は「抜群の行動力」、ある人は「顧客と仲良くなる力」、またある人は「論理的なプレゼンテーション力」が営業にとって大切だと言います。しかし、実際、営業という仕事は多くのコンピテンシー(※)を複合的に使わなければならない非常に高度な仕事です。

私達セールスキャリア開発機構は、「営業力を正しく測定する資格」「現場で本当に役立つ資格」を設計構築ために、2000年より米マサチューセッツ大学のチャールズマンツ博士にもお力添えを頂きながら、検定試験の開発を進めて参りました。

そして、特定のセールス理論や個人のセールス哲学に拠らず、セールスを行うにあたって不可欠なセールスコンピテンシー群を測定、スコア化、認定を行う『セールススキル検定試験』の運用を始め、2004年特定非営利活動法人設立以降、17年間多くのビジネスパーソンに検定試験をご活用いただいてきました。また多くの企業様の営業力の強化と営業担当者の管理育成にお役立ていただいてます。

皆様が培ってきた実力の証明のために、是非この検定試験をご活用下さい。 

@Sales Career Development Organization2021

各セールスタイプに求められるコンピテンシーと級付け・受験方法

近年のセールスを取り巻く諸状況の変化に合わせてセールスキャリア開発体系の見直しを行い、2021年より新しい体系を提唱しています。これに伴い、従来のテレセールスがインサイドセールスに、訪問型セールスがフィールドセールスに変更され、4つのタイプが3つに統合されています。部門の名称や受験科目にも一部変更がありますので、ご注意下さい。詳しくは、2021年セールススキル検定制度変更の要点のページをご確認下さい。